パンジー
  • blog

用心深く窺うようなこびりついた感覚 その正体

見えてきた自分 新しい世界

自分で決めるへ

早くも2022年1月も後半に入りました。1月20日は大寒(だいかん)、一年でも最も寒い時期です。

私は寒いのが怖いので💦コートにブーツ、マフラー、グローブと、*首のつくところから風が1ミリも入ってこないように出かけます。早朝の空気がピリッと冷たくても、しっかり防寒していれば安心、月に数回の産科への通勤も余裕がでてばっちりです。

*首(頸動脈)、手首(動脈)、足首(動脈)などくびれているところを温めると、からだの体表に近い所を動脈が通っているので、血液を直接温められるので冷えにくくなります。

マフラー 手袋

シフトが不定期のため、忘れたら、遅刻したら大変と心配していましたが、最近は大丈夫👍いける!と切りかえられるようになりました。

癒しの作業が進むにつれて、起きてもいないことを心配する気持ちに引っ張られなくなってきて、だいぶ楽になってきました。こんなところにも、自分のこころの使い方ってでますよね。

寒いとはいえ、これから春の気配を感じられるようになっていくのでもう少しの辛抱ですね。

蝋梅

馴染みあるこびりついた感覚

東洋の占術によれば、2月3日節分までは2021年の持ちこしだそうで、2月4日から2022年が始まり活性していくそうです。節分まで古いものを手放す時期でもあるようです。

私も自分史のなかでどのあたりに消化しきれなかった感情があるのかがわかってきました。これまで思い当たるところは解放してきたのですが、奥の方~にこびりついていた用心深く窺うような感覚が見えてきました。

受け答えをする時、行動を起こすときに引くというパターンがあり、何度か指摘されてきたのですが、なぜ引くのか今一つわからなかったのですが、この用心深い感覚が反応して引くという動きになるのだろうと思うのです。

私を悩ませてきたものの正体

子供の頃からあるだろうこの用心深く窺うような息をひそめている感覚、後頭部にある黒いねっとりした塊りは、激高する父や従業員のおじさん達と同じ環境で暮らしている日常から感じ取った感情の累積で、時折トラブルがあるとその筋の人たちが乗り込んできて入口に立ちふさがり、おそらくお金で解決するというのを見てきて、小学低学年の私が「こんなの嫌だ」「どうしよう」「怖い」「お金が無くなっちゃう」「生きていけなくなっちゃう」「親が殺されちゃうかもしれない」……と震えていた怖れが加わり、根付いていった(トラウマ)のだと思います。

墨汁

新しい景色 気づき

この無意識にある感覚が私を実家にずうっと繋ぎ止めていたのだと思います。

表面上はご縁もないし、いまさら他人と暮らすのは無理だろう、束縛されるのは好きではないし、ここまできたのだから最後までと頭ではそんな風に思っていました。

潜在意識(私のチャイルド)では親が殺されちゃうと思い込んでいたら、なんとか守ろうとして動けない。。そう思うと自分の意図ある行動が見えてきて、数字が全くダメなのに金融に勤めたのもそうだったのかと自分を許せる感覚がでてきました。

なんだか気持ちが緩み、漠然とあったすっきりしない不安感が弱まっていくのを感じています❤

もやっとしてよくわからなくなっていた世界から、一つ一つ景色が明るくなってきました。

私のチャイルドに伝えること

さてさて、殺されちゃうって信じたままのちーちゃん(私のチャイルドの名前)に、「今までお父さん、お母さんを怖い人から守るために頑張ってきたんだね。偉かったね。よくわかったよ。ありがとうね。もう怖い人はいないよ、だから大丈夫。安心してちーちゃんがやりたいこと、好きなことをしていいんだよ。いつも見守っているからね。ちーちゃん、大好きだよ。」って伝えていきます。

駆け出す子供

その後

これらの気づきとともに、『自然にも動物にも人にも優しい世界の住人になりたい』こんな想いが出てきました。

 

棚田

インナーチャイルドセラピーのおすすめ記事

提供サービス(オンライン可)
【お試し】自分のチャイルドに出会う体験セラピー 1H 8000円
【入門講座】インナーチャイルド癒しの講座 2H 12000円
【インナーチャイルドセラピー】根本のネガティブな感情を癒し人生を動かす 1回 2~2.5H 15000円

関連記事

  1. ドースボトル フラワーエッセンス
  2. Mimulus ミムラス みぞほうずき
  3. ミモザ
  4. 明るい未来 花
  5. 枯れたお花
  6. ダックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

花里智恵子

新卒で銀行に就職した1年後、悪条件が重なり実妹が意識不明の状態に。人間機能を取り戻す過程を見守る中、我慢していた自分を解放するため退職。自然の中に身を置くことで気力体力を取り戻し再び外資系生保会社へ。好条件で働いているにも関わらず心は満足せず、体の凝りにも悩まされ、不調を解放してくれたBMSセラピーを学ぶ。学びを通じ今も我慢している自分に気がつき「第二の人生は好きな事を」と2013年、サロンを足立区にオープン。今まで捉えてもらえなかった凝り解消に効果的な「ディープティシュータッチ」と「アロマセラピー」を合わせた「アロマ*マッサージセラピー」が特長。からだの凝り、緊張グセは、子供の頃に抱いていたネガティブな感情と密接に関係していることから、「インナーチャイルドセラピー」をとりいれ根本から楽になることに取り組んでいる。30~50代の働く女性に好評を博している。

 

「 セラピースタジオ・ハナ 」 オーナーセラピスト

 

 

を通して、女性の輝きをサポートしています。

詳しいプロフィールはこちら

 

 

最近の記事

  1. アフタヌーンティー
  2. オオアマナ ベツレヘムの星
  3. 大笑い
  4. お買い物 スーパー
  5. すずらん
PAGE TOP