絆 愛
  • blog

回復の兆し 

★ 対面セラピーのご予約受付けを再開いたしました ★
引き続き感染拡大の防止策を強化しております

★ 医療従事者の方応援 ★
いつもありがとうございます❤の気持ちを込めて、初回の方へ。
お腹マッサージセラピー他マッサージセラピーをご予約の場合、
よもぎ蒸し30分をプレゼント。
お申込みフォーム要望欄に医療従事者とご記入の上、職員証などわかるものをお持ちください。

インナーチャイルドセラピー無料相談 15分 Zoom対応
メンタルケアお申込みフォームの要望欄に無料相談希望とご記入の上、希望日時をお知らせください。

大きな気づき

私の悩みのベース

癒しを深めるため、週1回ペースで受けていたセラピーのワンクールが終わりました。

週1受けるなんてもったいない、もう少し時間を空けた方がいいのではと思っていましたが、毎回確実に気づきがあり間延びせずとんとん進み、今までの長い停滞が、、本当に悔やまれます。

何から話したら、、

仕事の関係もあり緊張感のある家庭で育った私は、感情的な父に怒鳴られたり叩かれて育ちました。

昭和のお父さんという感じで当時は家族を守るため余裕もなく緊張感がうまれたのは仕方がなかったと思っていましたが、長女の私としては、生まれた時からありのまま泣いたり騒いだり、わがままを言ったりを許されませんでしたから、誰にもわかってもらえない悲しみやあきらめはどんなに大きかっただろうと思います。

私が夜泣きすると母親が怒られること、もう少し成長して大きな声で怒鳴られる、叩かれること、その時の父の表情や目つきに凍り付くことを繰り返していたわけですから、やはり発達トラウマというものがベースだったんだと改めて気づくことになりました。

大人になればそんな記憶は薄れますが、そのエネルギーはからだに残り続けているため不都合が生じてきます。

その後の人生にもそのような状況を強化するような強い人、怖い人がしばしば登場し悩んでいました。

まさかその苦しみの中に鍵があるとか自分を癒すとか知る由もありませんでした。

発達トラウマ
胎児期から幼少期にかけて受けた、主に養育者からの虐待(精神的、身体的、性的、ネグレクト)により引き起こされるトラウマ
繰り返し起きる出来事により長い時間をかけて心身に刻み込まれる

「本気でトラウマを解消したいあなたへ」より引用

身に付けた力「感じない」

子供にとってそんな過酷で怖い状況で生きていくには、感じないように感覚を麻痺させるしかありません。

当時はそれで切り抜けてきたのですが、大人になってからは支障がでてきます。

例えば、「嫌だな」と感じていることを自分で自覚できないことです。「嫌だな」と思っているのに本人はそれがわかっていません。

まあいいかと相手の提案を受け入れるため、本心とは裏腹な行動をしていることになり快い結果にはなりません。

…振り返るとこんなことを、家の中でも、外でも繰り返していたなと思い出します。

残念ながら、他人に合わせて行動していますから、自分の人生を生きていないということになります。(そりゃあ、自分の人生がなかなか進んでいかないことになるよね)

最近は、セラピーを受けることで心とからだが繋がってきたことも感じています。この「嫌だな」に気づけずにいると、ストレスから腰に痛みが生じるのでわかるようになってきました。

からだは正直に反応するので、私が自分に正直にいられるよう教えてくれるのです💖

 

身体記憶

ボディワークの世界に、からだにも過去の記憶や感情が宿るという考え方があります。怖い・不安・怒りなどの感情は、コリやハリという形をとってからだにとどまることが多く、その感情が常に自分の中に影響を与えたりしています。

オイルマッサージをしているので、ふわっとした背中、ぱんっとハリが強い背中など、個性ある背中に出会います。

私も背中だけでなく、関節も、からだ全体が硬いタイプです。

すっかり忘れていましたが、セラピーを受ける中で思い出してきたことがあります。

20代前半、表情が硬く笑えないと悩んでいた時期がありました。いくつかの要因が重なって笑えなくなっていたのだとは思います。

ロボット 

「笑えない」 影響した感覚

セラピーの中で2つイメージがでてきました。

一つは、頭の上にかき氷にかかっている粘度の強いクリームのようなものがこびりついてじわじわ垂れてくるというもの。

もう一つは、こめかみの辺りを硬いものでぐっと押さえつけられているイメージです。

前者のこびりついたクリームは、上から押さえつけられている不快な感覚です。常に私の中にあった不自由な感覚に関係していると思いました。

この不自由な感覚を嫌なものとせず観察して、ちゃんと言い分を聞き見届ける作業をしました。

後者のこめかみを押さえつける力は、外から向かってくる敵に「止めろ」と言っている緊張感がありました。おそらく父の鋭い目に対してずっと身構えていた名残だと思います。

観察していると、右の顔面が歪むという表情筋の収縮も出てきて、緩むまで結構な時間がかかりました。

目を見て話す時、瞳の奥でびくびくっとする感じ、混んでいる電車やエレベーターの中、近い距離で話しをすると落ち着かず緊張するのはここから来ていたのかなと。なるほど~。

かなりの衝撃です! これだけのエネルギーが記憶されていたということは、表情が硬いのも笑えなかったのも無理はない、そんな自分を許す気持ちがでてきました。

今は頭の中の空間が広く感じられ、視界が明るくなったり、そんな感覚とともにいます。

クローバー

最後に

セラピーでは浮上してきたものを丁寧に見ていきますが、本当に薄皮をはがすように進んでいっています。
また、アウトプットさせてください♥

 

かき氷

今風のかき氷のイメージ画像が見つけられず。あのイメージは練乳ではなく濃厚なクリーム!

インナーチャイルドセラピーのおすすめ記事

提供サービス
【お試し】自分のチャイルドに出会う体験セラピー 1H 8000円
【入門講座】インナーチャイルド癒しの講座 2H 12000円
【インナーチャイルドセラピー】根本のネガティブな感情を癒しアダルトチルドレンの人生の扉を開く 1回 2~2.5H 15000円

関連記事

  1. 瞑想 ヨガ 
  2. mother earth statue 女神
  3. よもぎ蒸し 凛
  4. 滝 虹 希望

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

花里智恵子

新卒で銀行に就職した1年後、悪条件が重なり実妹が意識不明の状態に。人間機能を取り戻す過程を見守る中、我慢していた自分を解放するため退職。自然の中に身を置くことで気力体力を取り戻し再び外資系生保会社へ。好条件で働いているにも関わらず心は満足せず、体の凝りにも悩まされ、不調を解放してくれたBMSセラピーを学ぶ。学びを通じ今も我慢している自分に気がつき「第二の人生は好きな事を」と2013年、サロンを足立区にオープン。今まで捉えてもらえなかった凝り解消に効果的な「ディープティシュータッチ」と「アロマセラピー」を合わせた「アロマ*マッサージセラピー」が特長。心のケアの必要性を感じていて「アロマカウンセリング」に加え、最近では根本の原因を癒す「インナーチャイルドセラピー」をスタートしている。30~50代の働く女性に好評を博している。

 

「 セラピースタジオ・ハナ 」 オーナーセラピスト

 

 

を通して、女性の輝きをサポートしています。

詳しいプロフィールはこちら

 

 

最近の記事

  1. 絆 愛

    2021.09.6

    回復の兆し 
  2. お腹 マッサージ トリートメント
  3. 体形
  4. ラベンダーアングスティフォリア 真正ラベンダー
  5. mother earth statue 女神
PAGE TOP