シムス位
  • blog

いつも左足の方が微妙にむくんで太いと感じている方へ

むくみへの対処として

こんなことありませんか?

・この頃、パンツをはくと左足の方がきつく感じる。
・椅子に座って太ももの太さを比べるとなんとなく左の方が太いかも。
・アロマトリートメントを受けた時に左足のほうがむくんでいると言われたことがある。

これら心当たりのある方は、いつも仰向けに寝ていませんか?

仰向けに寝るとお腹の中でこんなことが起きています。左側の血液を回収するルート(静脈)はお腹のところでつまりやすい構造になっているんです。

腸骨動脈

動脈(赤)は丈夫でしっかりしているのですが、下にある静脈(水色)の方は薄くペラペラです。さらに上には腸があるので、仰向けに寝た場合、いちばん下になる静脈は腸と動脈の重さで押されてしまうんです。

この静脈が圧迫される時間を減らすために、時々お腹を下に寝る(うつ伏せや横向き)と良いかもしれません。うつ伏せができないという方は、シムス位という姿勢がおすすめです。シムス位はどんな人もできる姿勢で、妊婦さんや帝王切開で出産した方がこの姿勢でアロマトリートメントを受けることがあります。

シムス位

シムス位のやり方は、顔を向けた方の足の股関節とひざを曲げ、この姿勢をとった後に膝や腕の下にクッションやバスタオルを折ったものを入れ安定させます。シムス位を取り入れて静脈がゆるっとできる時間を作ってみてください。

また、自分でできる浮腫みへの対処を次回書いてみたいと思います。

*急激にむくんだ等、心配な時はすぐに診察を受けてくださいね。

アロマ*マッサージセラピーのおすすめ記事

提供サービス
【アロマ*マッサージセラピー】アロマセラピーとオイルマッサージセラピーを融合したボディケア  60分 12100円
★初めての方特典★
アロマ*マッサージセラピー 10%off 60分 10890円~
マッサージセラピー 10%off 60分 7920円~

関連記事

  1. 女の子
  2. 香りをかぐ
  3. うさぎ ぬいぐるみ
  4. 観葉植物 モンステラ
  5. オオアマナ ベツレヘムの星
  6. ティックナットハン Thich Nhat Hanh

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

花里智恵子

新卒で銀行に就職した1年後、悪条件が重なり実妹が意識不明の状態に。人間機能を取り戻す過程を見守る中、我慢していた自分を解放するため退職。自然の中に身を置くことで気力体力を取り戻し再び外資系生保会社へ。好条件で働いているにも関わらず心は満足せず、体の凝りにも悩まされ、不調を解放してくれたBMSセラピーを学ぶ。学びを通じ今も我慢している自分に気がつき「第二の人生は好きな事を」と2013年、サロンを足立区にオープン。今まで捉えてもらえなかった凝り解消に効果的な「ディープティシュータッチ」と「アロマセラピー」を合わせた「アロマ*マッサージセラピー」が特長。からだの凝り、緊張グセは、子供の頃に抱いていたネガティブな感情と密接に関係していることから、「インナーチャイルドセラピー」をとりいれ根本から楽になることに取り組んでいる。30~50代の働く女性に好評を博している。

 

「 セラピースタジオ・ハナ 」 オーナーセラピスト

 

 

を通して、女性の輝きをサポートしています。

詳しいプロフィールはこちら

 

 

最近の記事

  1. コスモスと蝶
  2. 女の子とひまわり
  3. ハート こころ
  4. コスモス 秋
  5. 秋 風景
PAGE TOP