精油 アロマ エッセンシャルオイル プラナロム社
  • blog

集中したい時におすすめ精油 香りの印象と作用

やる気スイッチに精油を活用

緊急事態宣言の延長に伴い在宅勤務が続くようですが、お家にいながらお仕事モードに切り替えていくのはなかなか大変ではないでしょうか。そこでおすすめしたいのが、気分の切り替えを得意としている香りです。植物の香り成分を濃縮した精油(アロマ)には、心を落ち着けてくれる作用や集中力を高めてくれる作用、抗菌、抗ウイルス作用他にもさまざまな作用があります。今日は仕事に入る前や勉強の時など集中したいときにおすすめの精油をご紹介します。

簡単な使い方

ディフューザーがなくてもティッシュに1,2滴垂らしてデスクに置くだけでも十分です。アロマストーンに垂らすこともできます。

アドバイス

香りを嗅いだ時にちょっと嫌だなとか不快な感じがした場合は、その日は必要のない香りととらえて、他のものに変えるか使用を控えてください。無理をして使うと逆効果になってしまいます。自分がどう感じるかを大切にしていきましょう。

注意してほしいこと

精油は皮膚への直接塗布や飲用は危険です。皮膚に塗布する場合は必ずキャリアオイルで薄めてから使いましょう。原液が手についてしまった場合は流水で洗い流しましょう。又、精油は引火する可能性があるので火のそばには置かないようにしましょう。ロウソクに垂らすのも危険です。
精油の安全な取り扱い、トリートメントをする際の濃度については、こちらをご覧ください。
◎精油の安全な取扱い・おすすめ精油(写真付)

仕事に入る前におすすめな精油 4種


ローズマリー・シネオール

ローズマリー

ローズマリー・シネオール
Rosmarinus officinalis CT(Cineole) シソ科
花と茎葉より採油
すっきりした樟脳の香り 物事に集中したい時に最適
香りの作用:前向きで積極的 気持ちが高まる印象
香りの特徴:刺激的 印象的 清涼感 辛味感
経皮作用:
鼻や咽喉などの炎症を抑制する作用
鼻水など粘液を溶解する作用
感情を落ち着かせ痛みを和らげる作用
ウイルス、細菌、真菌からの感染を抑制する作用
禁忌と注意:
ローズマリーにはいくつか種類がありますが、シネオールは禁忌や注意がなく気軽に使えます

ペパーミント

ペパーミント セイヨウハッカ Mentha x piperita
ペパーミント
Mentha x piperita シソ科
全草より採油
爽快感のある香り 甘さの中に清涼感があり心をフレッシュにする
香りの作用:気持ちが高まる 緊張が和らぎ落ち着く印象
香りの特徴:刺激的 印象的 清涼感 甘味感
経皮作用:
消火液の分泌を良くし胃の働きを活発にする作用
一時的に局所的な痛みを和らげる作用
血液・リンパ液など流れが滞った状態を取り除く作用
細菌による感染、ウィルスに対しての感染を抑制する作用
禁忌と注意:
乳幼児、妊婦さん、授乳中の産婦さん、神経系統の弱い患者さん(ご老人)てんかんの方、高血圧症の方は使用しないでください。

レモン

レモン
レモン
Citrus limon ミカン科
果皮より採油
柑橘系の代表でフルーティー
爽やかで清涼感溢れる香り リフレッシュしたい時に
香りの作用:緊張が和らぎ落ち着く 勇気が湧き気持ちが高まる印象
香りの特徴:清涼感 酸味感
経皮作用:
細菌による感染を抑制する作用 浄化作用
ウィルスに対しての感染を抑制する作用
結石溶解作用 血液流動促進作用 消火促進作用
禁忌と注意:
アロマトリートメントなどで塗布した場合、4~5時間は直射日光に当てないようにしましょう

グレープフルーツ

グレープフルーツ
グレープフルーツ
Citrus paradisii ミカン科
果皮より採油
南国の楽園を想わせる甘く爽やかな香り ストレスや緊張感から心を解放
香りの作用:前向きで積極的な印象 勇気が湧き気持ちが高まる印象 交感神経を優位にする
香りの特徴:甘味感 苦味感 酸味感
経皮作用:
空気感染によるウィルスや細菌を抗菌
清浄化する作用 鎮痛作用
腸内に溜まったガスを排出する作用
禁忌と注意:
アロマトリートメントなどで塗布した場合、4~5時間は直射日光に当てないようにしましょう

プラナロム社の精油ご紹介

Hanaでもアロマ*マッサージセラピーやアロマカウンセリングに使用しているメーカーです。
プラナロム社の蒸留植物は自然に近い環境で栽培されています。輸入後日本国内でも再検査を行い農薬に汚染されていないことが証明されています。お高めではありますが、再検査にかかるコストや100%天然の香りであり体に入ることを考えると安心しておすすめできる精油です。

▼ローズマリー・シネオール
▼ペパーミント
▼レモン
▼グレープフルーツ

最後に

精油は、香りを嗅いだ瞬間に「やる気モード」や「リラックスモード」に心身のスイッチを動かします。嗅覚だけがダイレクトに大脳辺縁系に伝わるからです。「この香り好きだな」「良い香りだな」と感じることもあれば、「うわ、臭い!」と感じることもあるので、脳が喜ぶ香りを選んで上手に切りかえをしていきましょう。

大脳辺縁系 嗅覚

 

関連記事

  1. もふもふモーフと女の子
  2. 小ぐま
  3. むくみ 脚のむくみ
  4. インナーチャイルド 成長 
  5. 花 スプレーカーネーション ブバリア
  6. jojoba tree

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


プロフィール

 

花里智恵子

新卒で銀行に就職した1年後、悪条件が重なり実妹が意識不明の状態に。人間機能を取り戻す過程を見守る中、我慢していた自分を解放するため退職。自然の中に身を置くことで気力体力を取り戻し再び外資系生保会社へ。好条件で働いているにも関わらず心は満足せず、体の凝りにも悩まされ、不調を解放してくれたBMSセラピーを学ぶ。学びを通じ今も我慢している自分に気がつき「第二の人生は好きな事を」と2013年、サロンを足立区にオープン。今まで捉えてもらえなかった凝り解消に効果的な「ディープティシュータッチ」と「アロマセラピー」を合わせた「アロマ*マッサージセラピー」が特長。心のケアの必要性を感じていて「アロマカウンセリング」に加え、最近では根本の原因を癒す「インナーチャイルドセラピー」をスタートしている。30~50代の働く女性に好評を博している。

 

「 セラピースタジオ・ハナ 」 オーナーセラピスト

 

 

を通して、女性の輝きをサポートしています。

詳しいプロフィールはこちら

 

 

最近の記事

  1. 女神
  2. サルスベリ 百日紅
  3. ダックス
  4. 大地 さとうきび畑
  5. 瞑想 ヨガ 
PAGE TOP